電車  おすすめMOD  電車

MODの注意

マップを利用しただけなら実績も達成できますが、それ以外を導入した場合は実績を達成できなくなります。

また、MODによって動作が不安定になる場合もあれば、特定のMODと相性が悪いこともあります。MODを利用するとしても、できるだけ最小限にした方が無難です。

マップ

産業・都市

車両・他

Hokkaido

超巨大1:1(31x31km), 1869年開始

北海道と青森の地形が非常に正確に再現されています。マップがあまりにも広いため、ハイスペックのパソコンでないと、安定してプレイできないと思います。

Setouchi and Shikoku

特大1:2(11x22km), 1850年開始

大阪から大分までの地形が再現されています。都市が密集していて、人口が横並びですので、[マップエディター]で調整してからの方が楽しめると思います。

Taiwan V1.0

特大1:2(11x22km), 2000年開始

台湾の地形が正確に作られています。山の険しさも再現されているため、やりがいもあります。

Queenstown Winter Playground

特大1:1(16x16km), 1850年開始, 実績獲得不可

湖と雪山が美しいニュージーランドの町が舞台です。難易度の高い土地を楽しむのも良いですし、美しい景色を列車から眺めるのも良いです。

Small Ireland

小1:1(8x8km), 1850年開始

小マップに縮尺したアイルランド島です。小さな島に都市が10もあるため、鉄道よりもバスやトラックの方が便利です。

Natural Town Growth

交通やニーズによって都市を成長させても、その基準となる[規模]は変化しませんが、このMODを導入すると、時代と共に徐々に[規模]が成長するようになります。プレイ年数で成長するのではなく、年代で成長しますので、遅い年代で開始したら、最初から人口の多い都市ができます。

都市の人口が増えても、住居と商業と産業は同じ比率で増えますが、このMODを導入すると、住居・商業・産業の数値が分立し、ニーズを満たした商業や産業ほど成長するようになります。商業都市、工業都市のように特化させて、周辺都市の住民を集めることもできます。

プレイヤーが都市に関与するほど都市が発展しますので、長くプレイする楽しみが増えます。Expanded Demands(6 per city)と組み合わせれば、2000人超えの都市も作れます。

Expanded Demands(6 per city)

このMODを有効化することで、全都市のニーズが6種類になります。より多くの輸送を楽しむことができますし、通常より都市を発展させることもできます。

Goods Conglomerate

建設資材、機械、燃料、道具、食料、商品を同時に生産する産業がマップ上に1つ出現します。ここと都市を繋ぐだけで都市のニーズを満たすことができますので、貨物輸送をあまりしたくない方におすすめです。

Expanded Demands(6 per city)との相性が非常に良く、この2つだけで簡単に大都市へと成長します。

Industry Capacity

産業の規模が大幅に拡大します。産業の数が少なくても供給量を確保できますので、産業だらけのマップで産業路線だらけにしなくても済みます。

人口に特化させた組み合わせ

Natural Town Growth、Expanded Demands(6 per city)、Goods Conglomerate、Industry Capacityを組み合わせれば、Goods Conglomerateと都市の貨物路線を作るだけで、人口2000人超えの都市ができます。

2000人超えの都市は渋滞が酷いので、都市計画を考えるゲーム性に変化します。個人的には、マップ中に貨物路線を張り巡らせるより、都市計画を考えた方が面白いです。

All available from 1850 1.1

全ての乗り物が1850年から解放されます。これに最初から入っている[Vehicles:no end year]を組み合わせて、オプションの車両を[すべて]にすれば、全ての年代で全ての車両を使えるようになります。

古い車両と新しい車両を同時に楽しみたい方や、博物館のように全車両を眺めたい方におすすめです。

Distance meter

駅や列車発着所などを選択すると、画面下にそこからマウスポインタまでの距離が自動計測されます。計測されるのは直線距離なので、使いどころが意外とないのですが、参考にはなります。

Shinkansen E2

新幹線E2系が再現されています。登場するのは1997年で、最高時速が275km、パワー、牽引力、定員、搭載速度も優秀です。アジアの高速鉄道の主力になります。